2017年7月10日

【山種美術館「特別展 RYUSHI 川端龍子 -超ド級の日本画-」(東京 広尾)】

7月、夏到来です。暑さに涼を求める季節がやってきました。
今回は、ド級の迫力がありつつも、どこか涼しく、悲しさを背負う、ヒグラシのような展覧会をご紹介したいと思います。


ご紹介する展覧会は、「特別展 RYUSHI」。
「没後50年記念 川端龍子 -超ド級の日本画-」です。期間:2017年6月24日(土)~8月20日(日)


前回の記事に引き続き、近代日本画の宝庫「山種美術館東京 広尾)」で開催されています。




さて、作品をご紹介する前に、日本画家「川端龍子(かわばたりゅうし)」に触れるとしましょう。


ご紹介頂いたのは、明治学院大学教授の山下裕二先生と山種美術館の職員さん。今回も内覧会での取材で、記事の各写真は許可を頂いて撮っています。



画像の通り、川端龍子は男性です。タツコではありません。名前の由来は「龍の落とし子」で、父親との確執から自らを「龍の子=龍子」としたそうです。

絵を描くことが好きだったという幼いころの作品がこちら。


う、うまい。芦雪(ろせつ)が手本だと私も思いますが、にしても見事に描かれています。

ちなみに、絵の右にある赤い「上」は、学校の先生が書いたものです。学校教育の中で生まれた作品で、先生が高く評価しています。褒められたことでまた伸びたのでしょうね。

20代。生活の糧として新聞や雑誌の挿絵画家を務め、人気画家となります。ここで生まれたジャーナリズム性を感じる作品がこちら。

川端龍子「夢」 昭和26年 66歳作 大田区立龍子記念館蔵 

棺桶にミイラ、舞う蝶・蛾。奥州藤原氏の死体の学術調査が行われた際、現地取材を行って完成させた作品です。幻想的なのですが、現地で何が起こり 何が行われたのかを物語っています。

40代、そしてそれ以降。戦前・戦中・戦後を通し「会場芸術」と称されるほど大スケールな作品を多数生み出しました。今回の展覧会では、その超ド級な作品が何点も展示されています。


さて、特に気になった作品を紹介しましょう。

川端龍子「鳴門」 昭和4年 44歳作 山種美術館蔵

代表作の1点です。鮮やかな青から音が響いてきます。枠を超えるスケール感が見ものです。

川端龍子「真珠」 昭和6年 46歳作 山種美術館蔵

「真珠」です。仮に海女さんならば仕事風景となりますが、どう見ても「オトコ目線」です。岩陰から覗き見る興奮まで感じます。想像(妄想?)しすぎですかね?
ちなみにこの「真珠」は、当展覧会の前期期間中(2017年6月24日~7月23日)どなたでも撮影可能です。後期(7月25日~8月20日)は「八ツ橋」が撮影可能となります。
【展示室内で写真撮影いただける作品について(山種美術館)】

川端龍子「請雨曼荼羅」 昭和4年 44歳作 大田区立龍子記念館蔵

「請雨曼荼羅(せいうまんだら)」と読みます。神聖不可侵、神がかった作品で、かなり圧倒されました。説明書きによれば「両界曼荼羅(りょうかいまんだら)」からヒントを得たとありますが、正直、そんな印象は受けません。むしろ「不動明王」に見えます。まぁ、広く仏教世界を語るのであれば一緒なのでしょう。皆さんの感想を伺いたいものです。

川端龍子「春草図雛屏風(はるくさずひなびょうぶ)」 昭和時代

川端龍子「草の実」 昭和6年 46歳作 大田区立龍子記念館蔵

さて、この展覧会中に8月15日「終戦記念日」を迎えます。日本の夏を語るに避けて通れません。国に歴史があるように、大東亜戦争を経た画家にも歴史があります。

川端龍子「香炉峰」 昭和14年 54歳作 大田区立龍子記念館蔵

中国大陸の名峰「香炉峰(コウロホウ)」。その姿を九六式艦上戦闘機と共に描いた作品です。軍の偵察機に同乗した体験を元にしています。操縦席に映る人影は画家本人です。

絵の実寸も大きいし、面の大半を戦闘機が占めているのですが、何故か私には戦闘機が大きくは見えませんでした。代わりに見えた大きなものとは、香炉峰を抱える中国大陸と、大衆の持つ戦局です。

俯瞰した構図の奥にある「広大な大地」と「”優位な”戦局」。たぶんそれは飛行機に乗る仮想現実(VR)を作品が与えてくれているからでしょう。構図と脳の妙ですね。

川端龍子「千里虎(せんりこ)」 昭和12年 52歳作 大田区立龍子記念館蔵

戦争は多くの人の人生を狂わせます。画家も同じで、川端龍子にも不幸が訪れました。

「我が子の死」。出征した息子の死です。

龍子はこの作品を、千人針に同じく「虎は千里行って千里帰る」の故事に基づき贈りました。しかしついに息子は千里の先を逝ってしまいました。

描かれた時は勇ましい姿だったのかもしれません。が、今眺めると淋しげです。重なる男子の姿に龍子の涙を感じました。

川端龍子「爆弾散華(さんげ)」 昭和20年 60歳作 大田区立龍子記念館蔵

終戦2日前の昭和20年8月13日。龍子の自宅に米軍の爆弾が落ちました。母屋は壊れ、庭には大きな穴が空いたといいます。この作品はその時の菜園を描いたものです。

想像するに、まず息子の死が映るのですが、それは違うのではないかと思います。子供の死を絵に映す親はなかなかいないと思うからです。それは菜園に代えてもできないでしょう。普通は、元気な時の姿を描くと思います。

で、私はこれは仏教画だと感じました。人の死の間接的な描写ではなく、諸行無常のような仏教思想を投影しているのだと。まぁこれも、広く解釈すれば人の死を含むわけですが。


戦争画と呼ばれる分野は近年注目されています。私が当展覧会で感じた「ヒグラシ感」。この夏、是非に当展覧会で感じてみてください。


さて、鑑賞後の楽しみと言えば、美術館1F「Cafe椿」。恒例の展覧会スイーツが待っています。





それぞれ、青山の老舗菓匠「菊屋」製の、展示作品をイメージした特別オーダーの和菓子です。毎度ながら素敵ですね。眺めていると、いつかは自身が催す茶席に自身の作品をイメージした菓子を出してみたいなぁと思いました。


ここで、内覧会での出来事を少々。

川端龍子「龍巻」と山下裕二先生。

「香炉峰」を背景に、会田誠さんと山下裕二先生。

この内覧会に訪れる前、偶然に読んでいた本が「戦争画とニッポン」椹木野衣×会田誠(講談社)だったので、戦争画を前にして会田誠さんにお会いできたことに感激しました。

以上。


【特別展 没後50年記念 川端龍子 -超ド級の日本画-】
【会期・開館時間】
・2017年6月24日(土)~8月20日(日)
 会期中、一部展示替えあり (前期: 6/24~7/23、後期: 7/25-8/20)
・10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】
・月曜日(但し、7/17(月)は開館、7/18(火)は休館)
【入館料】
・一般1200円(1000円)・大高生900円(800円)・中学生以下無料


【山種美術館(やまたねびじゅつかん)】
〒150-0012
・東京都渋谷区広尾3-12-36 【map】
・TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【開館時間】
・10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※特別展の開館時間は変更になることもあります
【休館日】
・毎週月曜日(祝日は開館、翌日火曜日は休館)
・展示替え期間
・年末年始
【観覧料(通常展)】
・1000円(大人)
・800円(大学生・高校生)
【観覧料(特別展)】
※展覧会により異なります
【割引券】
ホームページ割引券
【アクセス】
・JR恵比寿駅西口より徒歩10分 【アクセスmap】
・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分

2017年5月13日

【山種美術館「花・Flower・華 -琳派から現代へ-」(東京 広尾)】

春。生命輝く季節です。草花の喜ぶ姿に人々の笑顔があふれます。
今回はアート目線の春として、東京・広尾の山種美術館より、毎年恒例の企画展「花・Flower・華 -琳派から現代へ-」の魅力をお届けしたいと思います。


 場所は東京都渋谷区の広尾(ひろお)。JR山手線・恵比寿駅から徒歩圏内です。日本画専門の美術館で、近代から現代の作品を中心に所蔵しています。所蔵作品には速水御舟(はやみぎょしゅう)、竹内栖鳳(たけうちせいほう)、酒井抱一(さかいほういつ)、横山大観(よこやまたいかん)、加山又造(かやままたぞう)等など、歴史に名を刻む巨匠がズラリです。


 外観はビルの様相ながら、展示室は地下にあります。壁画「千羽鶴(加山又造)」の誘いで階段を降りると、無数の花が咲き誇っていました。


 作者不詳「竹垣紅白梅椿図(たけがきこうはくうめつばきず)」 江戸時代

 渡辺省亭(わたなべせいてい)「桜に雀」 明治-大正時代

 奥村土牛(おくむらとぎゅう)「醍醐(だいご)」 昭和47年
 京都の醍醐寺三宝院の桜を描いた作品です。当館を代表する作品といえば、速水御舟「炎舞」重要文化財、「名樹散椿」重要文化財、竹内栖鳳「班猫」重要文化財、など多数ありますが、当作品もその代表の1つです。【山種美術館コレクション 作品紹介】
 この作品について個人的に面白く思うのは、見るたびに印象が変わることです。淡い桜に光の暖かさを見る時もあれば、現代アートにしか見えない時もあります。ご覧になったあなた、どう映りましたか?

 千住博(せんじゅひろし)「夜桜」 平成13年

 鈴木其一(すずききいつ)「四季花鳥図」 江戸時代
 金色の陽の光に包まれ、草木が輝きます。逆光に美を見出す時に同じく、この景色に立つ喜びを得る作品です。
 個人的な見どころの1つはこの保存状態の良さ。質感に愛情さえ感じます。山種美術館を「近代日本画の宝庫」と私が称する理由の1つです。生まれた時の美しさのまま展示してくださる山種美術館に感謝します。

 田能村直入(たのむらちょくにゅう)「百花(ひゃっか)」 明治2年
 当企画展のリーフレットにも用いられている、実に緻密でリアルな作品です。感覚は日本ながら、描き方には西洋も感じます。秋田で出会った秋田蘭画(あきたらんが)や、福島で出会ったルドゥーテボタニカルアートに触れた気がしました。まぁ、欧米列強に対峙する幕末・明治期の作品ですから、超絶技巧や西洋風な描き方など、時代が現れているだけかもしれません。


  酒井抱一(さかいほういつ)など、掛軸の逸品が多数展示されています。

 酒井抱一「月梅図(げつばいず)」 江戸時代
 なんとも見事な構図。大好きな抱一の作品です。当館では「1作品撮影可能」という取り組みを実施中で、今回はこの作品が選ばれています。歴史的巨匠の逸品を是非に写真に収めてみて下さい。

  1階の「Cafe椿」では、会期中の展覧会にちなんだ和菓子が用意されています。生菓子それぞれが、作品1つ1つをモチーフとしたものです。お茶のお稽古の際とはまた違った楽しみがここにはあります。

 展覧会の関連グッズを扱うショップです。 

 ギャラリートーク中の山﨑館長です。

 今回は当企画展の内覧会の為、山﨑館長によるギャラリートークのほか、山下裕二先生 (山種美術館顧問・明治学院大学教授)による見どころ紹介がありました(作品は許可を得て撮影)。見るに美しく、知るに深い当展覧会。美術館でのお花見を是非にお楽しみ下さい。


【企画展「花・Flower・華 -琳派から現代へ-」】
【会期・開館時間】
・2017年4月22日(土)~6月18日(日)
・10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】
・月曜日

【山種美術館(やまたねびじゅつかん)】
〒150-0012
・東京都渋谷区広尾3-12-36 【map】
・TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【開館時間】
・10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※特別展の開館時間は変更になることもあります
【休館日】
・毎週月曜日(祝日は開館、翌日火曜日は休館)
・展示替え期間
・年末年始
【観覧料(通常展)】
・1000円(大人)
・800円(大学生・高校生)
【観覧料(特別展)】
※展覧会により異なります
【割引券】
ホームページ割引券
【アクセス】
・JR恵比寿駅西口より徒歩10分 【アクセスmap】
・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分

2016年3月20日

【オトコ目線の「CP+ 2016」その4(国内最大のカメラの祭典)(パシフィコ横浜)】

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2016」。(2016年2月25日~28日)

【その1】  【その2】 【その3】に引き続き、締めの【その4】をお届けしたいと思います。

オトコ目線をどうぞご容赦下さい。

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その2】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その3】

/スグル

【その4】のはじめは「マウスコンピュータ」さん。
クリエイター向けPCブランド「DAIV」のご紹介を頂きました。私がRAW現像をほとんどしないのは、PCがもたついて面倒くさいというのが一因ですが、このハイスペックのPC「DAIV」であれば積極的になれそうです。

RAW現像はともかく、撮影には積極的な私でした。

次いで「マイブック」サービスを提供する「アスカネット」さん。

数年前まではフォトブックなんて「出版」に近いイメージでしたけど、いまはもう「アルバム」感覚です。しかも質がいい。こういったサービスがあることをもっともっと知ってほしいですね。
「カメラ」の視点ではなく、「思い出」の視点で売り込んでみてはいかがでしょう?たとえば、部活動などで思い出がたくさん生まれる大学とか、全てが思い出になる旅行の代理店・観光案内所とか、産婦人科とか、ペットショップとか、ユニフォームを作る会社とか・・。あ、飛び込み営業のクセがまた出てしまいました。

パナソニック」さん。

【その2】でもお届けしましたが、パナソニックさんはいつお邪魔しても魅力的。

笑顔を頂き本当にありがとうございました。



ウェスタンデジタル」さんと「アイ・オー・データ」さん。

パーソナルクラウドをご提案頂きました。これならば一般的なクラウドのような使用料を必要としません。自宅のハードディスクに保存されるという安心感もあります。私のように全国を飛び回って写真を撮りまくる人間にはちょうどいいのかもしれません。


正直、めちゃくちゃ可愛かったです。

そしてそして「インタニヤ」さん。
CP+2016の締めとして再度ブースにお邪魔しました。素敵な笑顔を拝見できた事が今年一番の幸せです。

来年も是非に!

バカで上等。オトコ目線でお送りしました。
来年も同じ調子でいきます。

【CP+2017】
開催日:2017年2月23日(木)~26日(日)
会場:パシフィコ横浜

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その2】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その3】


CP+(シーピープラス)2016(終了)】
・カメラと写真映像のワールドプレミアショー(国内最大)
【会期(終了)】
・2016年2月25日(木)~28日(日)
※CP+2017は、2017年2月23日(木)~2月26日(日)に開催予定です。
【開催時間(終了)】
・25日(木) 10:00~12:00(プレス向け 一般入場不可)
・25日(木) 12:00~18:00
・26日(金) 10:00~18:00
・27日(土) 10:00~18:00
・28日(日) 10:00~17:00
【入場料】
・1500円(税込)(ウェブ事前登録で無料
【会場】
パシフィコ横浜
アクセス
・みなとみらい駅より徒歩3分
※受付までの距離は5分少々といったところです
・JR桜木町駅より徒歩12分
※もうちょっと余裕をみたほうがいいように思います

※以下は昨年分のレポートです
【オトコ目線の「CP+ 2015」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2015」その3】
【漢(オトコ)目線の「CP+ 2015」】