2017年5月13日

【山種美術館「花・Flower・華 -琳派から現代へ-」(東京 広尾)】

春。生命輝く季節です。草花の喜ぶ姿に人々の笑顔があふれます。
今回はアート目線の春として、東京・広尾の山種美術館より、毎年恒例の企画展「花・Flower・華 -琳派から現代へ-」の魅力をお届けしたいと思います。


 場所は東京都渋谷区の広尾(ひろお)。JR山手線・恵比寿駅から徒歩圏内です。日本画専門の美術館で、近代から現代の作品を中心に所蔵しています。所蔵作品には速水御舟(はやみぎょしゅう)、竹内栖鳳(たけうちせいほう)、酒井抱一(さかいほういつ)、横山大観(よこやまたいかん)、加山又造(かやままたぞう)等など、歴史に名を刻む巨匠がズラリです。


 外観はビルの様相ながら、展示室は地下にあります。壁画「千羽鶴(加山又造)」の誘いで階段を降りると、無数の花が咲き誇っていました。


 作者不詳「竹垣紅白梅椿図(たけがきこうはくうめつばきず)」 江戸時代

 渡辺省亭(わたなべせいてい)「桜に雀」 明治-大正時代

 奥村土牛(おくむらとぎゅう)「醍醐(だいご)」 昭和47年
 京都の醍醐寺三宝院の桜を描いた作品です。当館を代表する作品といえば、速水御舟「炎舞」重要文化財、「名樹散椿」重要文化財、竹内栖鳳「班猫」重要文化財、など多数ありますが、当作品もその代表の1つです。【山種美術館コレクション 作品紹介】
 この作品について個人的に面白く思うのは、見るたびに印象が変わることです。淡い桜に光の暖かさを見る時もあれば、現代アートにしか見えない時もあります。ご覧になったあなた、どう映りましたか?

 千住博(せんじゅひろし)「夜桜」 平成13年

 鈴木其一(すずききいつ)「四季花鳥図」 江戸時代
 金色の陽の光に包まれ、草木が輝きます。逆光に美を見出す時に同じく、この景色に立つ喜びを得る作品です。
 個人的な見どころの1つはこの保存状態の良さ。質感に愛情さえ感じます。山種美術館を「近代日本画の宝庫」と私が称する理由の1つです。生まれた時の美しさのまま展示してくださる山種美術館に感謝します。

 田能村直入(たのむらちょくにゅう)「百花(ひゃっか)」 明治2年
 当企画展のリーフレットにも用いられている、実に緻密でリアルな作品です。感覚は日本ながら、描き方には西洋も感じます。秋田で出会った秋田蘭画(あきたらんが)や、福島で出会ったルドゥーテボタニカルアートに触れた気がしました。まぁ、欧米列強に対峙する幕末・明治期の作品ですから、超絶技巧や西洋風な描き方など、時代が現れているだけかもしれません。


  酒井抱一(さかいほういつ)など、掛軸の逸品が多数展示されています。

 酒井抱一「月梅図(げつばいず)」 江戸時代
 なんとも見事な構図。大好きな抱一の作品です。当館では「1作品撮影可能」という取り組みを実施中で、今回はこの作品が選ばれています。歴史的巨匠の逸品を是非に写真に収めてみて下さい。

  1階の「Cafe椿」では、会期中の展覧会にちなんだ和菓子が用意されています。生菓子それぞれが、作品1つ1つをモチーフとしたものです。お茶のお稽古の際とはまた違った楽しみがここにはあります。

 展覧会の関連グッズを扱うショップです。 

 ギャラリートーク中の山﨑館長です。

 今回は当企画展の内覧会の為、山﨑館長によるギャラリートークのほか、山下裕二先生 (山種美術館顧問・明治学院大学教授)による見どころ紹介がありました(作品は許可を得て撮影)。見るに美しく、知るに深い当展覧会。美術館でのお花見を是非にお楽しみ下さい。


【企画展「花・Flower・華 -琳派から現代へ-」】
【会期・開館時間】
・2017年4月22日(土)~6月18日(日)
・10:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】
・月曜日

【山種美術館(やまたねびじゅつかん)】
〒150-0012
・東京都渋谷区広尾3-12-36 【map】
・TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
【開館時間】
・10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※特別展の開館時間は変更になることもあります
【休館日】
・毎週月曜日(祝日は開館、翌日火曜日は休館)
・展示替え期間
・年末年始
【観覧料(通常展)】
・1000円(大人)
・800円(大学生・高校生)
【観覧料(特別展)】
※展覧会により異なります
【割引券】
ホームページ割引券
【アクセス】
・JR恵比寿駅西口より徒歩10分 【アクセスmap】
・東京メトロ日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分

2016年3月20日

【オトコ目線の「CP+ 2016」その4(国内最大のカメラの祭典)(パシフィコ横浜)】

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2016」。(2016年2月25日~28日)

【その1】  【その2】 【その3】に引き続き、締めの【その4】をお届けしたいと思います。

オトコ目線をどうぞご容赦下さい。

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その2】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その3】

/スグル

【その4】のはじめは「マウスコンピュータ」さん。
クリエイター向けPCブランド「DAIV」のご紹介を頂きました。私がRAW現像をほとんどしないのは、PCがもたついて面倒くさいというのが一因ですが、このハイスペックのPC「DAIV」であれば積極的になれそうです。

RAW現像はともかく、撮影には積極的な私でした。

次いで「マイブック」サービスを提供する「アスカネット」さん。

数年前まではフォトブックなんて「出版」に近いイメージでしたけど、いまはもう「アルバム」感覚です。しかも質がいい。こういったサービスがあることをもっともっと知ってほしいですね。
「カメラ」の視点ではなく、「思い出」の視点で売り込んでみてはいかがでしょう?たとえば、部活動などで思い出がたくさん生まれる大学とか、全てが思い出になる旅行の代理店・観光案内所とか、産婦人科とか、ペットショップとか、ユニフォームを作る会社とか・・。あ、飛び込み営業のクセがまた出てしまいました。

パナソニック」さん。

【その2】でもお届けしましたが、パナソニックさんはいつお邪魔しても魅力的。

笑顔を頂き本当にありがとうございました。



ウェスタンデジタル」さんと「アイ・オー・データ」さん。

パーソナルクラウドをご提案頂きました。これならば一般的なクラウドのような使用料を必要としません。自宅のハードディスクに保存されるという安心感もあります。私のように全国を飛び回って写真を撮りまくる人間にはちょうどいいのかもしれません。


正直、めちゃくちゃ可愛かったです。

そしてそして「インタニヤ」さん。
CP+2016の締めとして再度ブースにお邪魔しました。素敵な笑顔を拝見できた事が今年一番の幸せです。

来年も是非に!

バカで上等。オトコ目線でお送りしました。
来年も同じ調子でいきます。

【CP+2017】
開催日:2017年2月23日(木)~26日(日)
会場:パシフィコ横浜

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その2】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その3】


CP+(シーピープラス)2016(終了)】
・カメラと写真映像のワールドプレミアショー(国内最大)
【会期(終了)】
・2016年2月25日(木)~28日(日)
※CP+2017は、2017年2月23日(木)~2月26日(日)に開催予定です。
【開催時間(終了)】
・25日(木) 10:00~12:00(プレス向け 一般入場不可)
・25日(木) 12:00~18:00
・26日(金) 10:00~18:00
・27日(土) 10:00~18:00
・28日(日) 10:00~17:00
【入場料】
・1500円(税込)(ウェブ事前登録で無料
【会場】
パシフィコ横浜
アクセス
・みなとみらい駅より徒歩3分
※受付までの距離は5分少々といったところです
・JR桜木町駅より徒歩12分
※もうちょっと余裕をみたほうがいいように思います

※以下は昨年分のレポートです
【オトコ目線の「CP+ 2015」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2015」その3】
【漢(オトコ)目線の「CP+ 2015」】

2016年3月14日

【オトコ目線の「CP+ 2016」その3(国内最大のカメラの祭典)(パシフィコ横浜)】

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2016」。(2016年2月25日~28日)

【その1】  【その2】 に引き続き、天使の笑顔をお届けしたいと思います。

オトコ目線をどうぞご容赦下さい。

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その2】

/スグル

【その3】は まず「オリンパス」さんから。
展示の主は、新型機「PEN-F」でした。新型機が豊作な今回のCP+においても、特に注目したカメラの1つです。価格は10万円オーバーと高めですが、若干クラシカルなデザインが所有欲を刺激します。絵作りの機能にも楽しさを感じました。
ちなみにこの写真中の商品は「OLYMPUS AIR」です。






続いて、「VANGUARD(バンガード)」さん。
私もバッグを愛用しています。

今回のイチオシはトラベル三脚の新シリーズ「VEO(ヴィオ)」でした。ある程度頑丈な上に小さく収まるトラベル三脚は、私のように全国を飛び回り撮影をするものにとって必須のアイテムです。いい商品をどんどん出して下さい。

次いで(おそらくは)「Victor(ビクター)」さん。
もしくは「インフォトランス」さん。

職場に彼女がいたらすごくドキドキしそうです。お食事の約束ができたら万々歳!

「NTTドコモ」さん。
月額280円のフォトブックサービス「フォトコレクションプラス」をご紹介頂きました。それにしても、印刷に関するサービスが各社拡充してきましたね。金額も本当に安い。

エプソン」さん。

染料系のインクではなく、顔料系のインクの楽しさを感じさせてくれるエプソンさん。紙も、光沢ではなくマット、ファインアート紙に深みがあります。やっぱり作品化には顔料系ですね。その点、A3対応の大型プリンター「SC-PX5V2」と小型ながらA3対応の「EP-10VA」を揃えるエプソンは大変魅力的です。

DJI」さん。
市場拡大が著しいドローンのメーカーです。小型のものから一眼レフを搭載する機体まで幅広く揃えています。昨年に比べブースの大きさは控えめだったものの、商品はやはり魅力的でした。

【その3】のラストは「富士フイルム」さん。

昨年に引き続き、ブースに釘付けになりました。
【オトコ目線のCP+2015 その3】

笑顔。私は幸せです。

バカで上等。オトコ目線でお送りしました。
まだまだ写真はありますが、今日はここまでとします。

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2016」その2】


CP+(シーピープラス)2016(終了)】
・カメラと写真映像のワールドプレミアショー(国内最大)
【会期(終了)】
・2016年2月25日(木)~28日(日)
※CP+2017は、2017年2月23日(木)~2月26日(日)に開催予定です。
【開催時間(終了)】
・25日(木) 10:00~12:00(プレス向け 一般入場不可)
・25日(木) 12:00~18:00
・26日(金) 10:00~18:00
・27日(土) 10:00~18:00
・28日(日) 10:00~17:00
【入場料】
・1500円(税込)(ウェブ事前登録で無料
【会場】
パシフィコ横浜
アクセス
・みなとみらい駅より徒歩3分
※受付までの距離は5分少々といったところです
・JR桜木町駅より徒歩12分
※もうちょっと余裕をみたほうがいいように思います

※以下は昨年分のレポートです
【オトコ目線の「CP+ 2015」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2015」その3】
【漢(オトコ)目線の「CP+ 2015」】

2016年3月11日

【オトコ目線の「CP+ 2016」その2(国内最大のカメラの祭典)(パシフィコ横浜)】

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)2016」。待ちに待ったイベントが先日開催されました。(2016年2月25日~28日)

カメラの最新情報は他のメディアにお任せするとして、ここでは【その1】に引き続き、天使の笑顔をお届けしたいと思います。

オトコ目線をどうぞご容赦下さい。

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】

/スグル

まずは「パナソニック」さん。
【オトコ目線のCP+】においてこの方を外すことはできません。あなたがいるから私は行くと言ってもいいほどです。3年連続でお目にかかることができました。
【オトコ目線のCP+2015】
【オトコ目線のCP+2014】

展示の主は4K PHOTO。今でこそ搭載機が増えてきましたが、GH4登場時にはホォォと関心させられました。今現在でも、カメラとビデオで最も4Kに力を入れているのがパナソニックさんです。


来年もどうぞよろしくお願い致します。

次に「カシオ」さん。
アクションカムとカメラのイイトコどりの「EX-FR100」。前方後円墳のような面白いデザインです。前方部と後円部が分離するので、自由なアングルで撮影ができます。"撮影"っぽくない くだけた気分で写真を撮れそうな気がしました。





そして「ニコン」さん。
この写真を見て思い出したのですが、新しい無線通信「SnapBridge(スナップブリッジ)」を試すことを忘れていました。しょうがない、4月末に自宅で試すとしましょう。

次に「キヤノン」さん。
実のところ、ニコンとキヤノンのブースは商品の押し出しが強いので、女性の姿があまり目立ちません。とはいえ、お会いできればこの通り魅力的です。

シグマ」さん。

面白いカメラを出しましたね。「SIGMA sd Quattro」。独自のセンサー(フィルムにあたるもの)「フォビオン」を搭載のミラーレス機です。シグマのカメラは、デジカメ系の雑誌よりもガジェット系の雑誌でよく取り上げられますが、今回も同じ感じでしょう。カメラの楽しさを広げてくれる商品です。スペックより独自性、そしてデザインに楽しみがあります。


オトコ目線のCP+、その2のラストは「SIRUI(シルイ)」さん。

その三脚に、私はなりたい。

バカで上等。オトコ目線でお送りしました。
まだまだ写真はありますが、今日はここまでとします。

【オトコ目線の「CP+ 2016」その1】


CP+(シーピープラス)2016(終了)】
・カメラと写真映像のワールドプレミアショー(国内最大)
【会期(終了)】
・2016年2月25日(木)~28日(日)
※CP+2017は、2017年2月23日(木)~2月26日(日)に開催予定です。
【開催時間(終了)】
・25日(木) 10:00~12:00(プレス向け 一般入場不可)
・25日(木) 12:00~18:00
・26日(金) 10:00~18:00
・27日(土) 10:00~18:00
・28日(日) 10:00~17:00
【入場料】
・1500円(税込)(ウェブ事前登録で無料
【会場】
パシフィコ横浜
アクセス
・みなとみらい駅より徒歩3分
※受付までの距離は5分少々といったところです
・JR桜木町駅より徒歩12分
※もうちょっと余裕をみたほうがいいように思います

※以下は昨年分のレポートです
【オトコ目線の「CP+ 2015」その1】
【オトコ目線の「CP+ 2015」その3】
【漢(オトコ)目線の「CP+ 2015」】